片頭痛について

頭痛の原因は肩こりなどからくるものと、くも膜下出血やその他脳の問題からくるものもあります。
片頭痛は、何らかの原因で、脳の血管が急激に広がり、ズキンズキンと痛むのが特徴で
頭の片側に起きることが多く両方の場合もあります。

 

よく、ずっと忙しくしていて、ふとお休みが出来てゆっくりしているとき
などに起きることてがあるようでこれは

 

忙しくしている時は、緊張モードのため血管は収縮しています
これが急にリラックスの時間が出来ると血管は拡張します。

 

通常であればこれは問題ないのですが
血管が拡張した時にその周囲の三叉神経(さんさしんけい)が刺激されることがあり
そこから痛みの原因となる物質が放出され血管の周りに炎症が起きます。

 

そうなるとさらに血管が拡張➡さらに三叉神経が刺激され・・・という
悪循環に。

 

また、血管を収縮させる「セロトニン」という神経伝達物質も一因。
過度なストレスでこれが大量に分泌され、その後徐々に減ってくると

反動で急激に広がり➡ 三叉神経 ➡ 痛み物質放出 ➡ 痛み ➡ストレスでまた血管収縮・・・
という悪循環に。

 

いずれにせよ、脳のストレスを緩和させるために、
当院では、頭蓋骨の調整も行います。
その場で頭痛が良くなる方が非常に多いです。

 

脳腫瘍などひどいものの場合は日に日に頭の痛みが増して行ったりするので
早めに病院へ行きましょう。