ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症は改善する

腰痛で病院に行ったらヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛 と診断された方は多いかと思いますが、

 

まず知っておいていただきたいのが、ヘルニアは基本的には約3ヶ月ほどで自然に消失します。

 

免疫細胞が飛び出したヘルニアを食べてくれるからです。

 

下半身麻痺や動けないほどの激痛、排尿障害などがある場合は手術が必要になりますが、そこまでの症状がなければ、あまり心配しなくても大丈夫です。

 

ヘルニアも脊柱管狭窄症も必ずしも腰痛の原因とは限らず、ある程度年を取れば実は誰でもあるものなのです。

むしろそう診断されて必要以上に心配しているとかえって脳の痛みの抑制システムが衰え、患部は治っても痛みだけが続いてしまうといった

 

「幻の痛み」の存在なども最新の医療で分かってきました。

 

では、当院の整体施術ではどういった事をするのかというと

 

まず、全身の老廃物を流す静脈に関わる内ももをほぐし、股関節やそこに関わる筋肉の動きを改善させます。

 

股関節は全ての関節の要です。ここの動きは全身に関わってきます。

 

さらに自律神経に関わる頚椎(特に上部の)を矯正。

 

これにより、神経・筋肉・関節   全てに本来の機能を回復させ、本来持っている自然治癒力を高めます。

 

肩こり腰痛、病気なども基本的にはほとんどがこの自然治癒力によって実は改善するのです。

 

人間の身体ってすごいですよね!