日本と全然違う!海外の産後ケア事情

浦安で肩こり、腰痛、産後骨盤矯正なら新浦安こころ整体。

 

 

日本と海外では産後ケア事情に様々な違いがあります。

例えばイギリスでは産後の退院は出産当日でも出来ます。

その代わり産後のサポートが
しっかりしていて、毎日助産師さんが訪問して
いろいろ赤ちゃんとママの心と体に関してもケアしてくれます。

大体2週間ほどしたら今度は保健師さんとチェンジで
子どもが5歳を迎えるまでママと子どもをサポートしてくれます

母乳育児・離乳食・歯磨きなどの指導や
必要に応じて精神面や体に関しての専門家を紹介してくれるなど
サポート体制は万全

これなら産後もあまり不安なく育児生活を送れますね。

日本では産院などでお母さん自身のケアというのは基本的には何もないですから、

日本と海外では産後ケア事情ってこんなにも違うんですね

まだまだ産後ケアが浸透していない日本ですが、

当院では産後のお体をより早く回復させるための「産後整体」を行っています。

単純に数回骨盤を矯正して
はい、終わり・・・なんてことはしません。

骨盤の矯正だけでなく、
・体の下水道である静脈の流れを促す
(全身の血流改善に欠かせないため)

・呼吸に関わる筋肉を緩める
(筋肉は酸素がきちんと入ってこないと緩めないため)

・上部頸椎(首の一番上辺り)の調整
(呼吸・血流・内臓の働き・ホルモン分泌をコントロールする自律神経が
深くかかわっている箇所であるため)

などの施術も行い、更には
・頭蓋骨(お顔や頭)の矯正
(脳をリラックスさせることで全身緩むため)

もじっくりと行なっていきます。

それだけでなく、体を戻していくためには産後で弱った筋力の回復も重要なので、産後に適したエクササイズもお伝えしています。

 

こんな間違った骨盤ベルトの使い方していませんか?

浦安で肩こり腰痛改善、産後骨盤矯正なら新浦安こころ整体へ。

 

産後は、広がって緩んだ骨盤を締めるために骨盤ベルトで締めなきゃ
という事で利用されている方も多いと思います

確かに、締める事で尿もれや恥骨痛の改善に効果的ではあります。

産前の体型を戻すのにも役に立つので、スタイルを気にする人にも役立つアイテムですね

ただ、使うタイミングや期間を間違えると逆効果になる事も

そもそも骨盤を締めているのは
「骨盤底筋」という骨盤内部の筋肉。

↑膀胱など内臓を下で支える赤い部分の筋肉
この筋肉は妊娠出産でダメージを受け、必ず緩んでしまいます

だから鍛えて回復させる必要があるのですが、
骨盤ベルトを1ヶ月以上使い続けると
ベルトに頼ってしまうことになり・・・

本来骨盤を締めているこの筋肉そのものが
弱ってしまうのです

使用するベストタイミングは入院中から1ヶ月くらい。
それ以降はなるべく使わないようにしましょう

ただ、恥骨や腰の痛みなどが続き
ベルトで締めると楽になる・・・という方もいますよね。

そんな方は
・使うのは日中の活動時、外出時のみ
・使う時間を限定する
・寝る時は外す
などの工夫をされると良いでしょう。

産後太り解消に腹筋はするな!

浦安で肩こり腰痛改善、産後骨盤矯正なら新浦安こころ整体へ。

 

 

産後は妊娠出産により、腹筋が伸びてしまい

そのせいで特にお腹周りの体型の崩れに悩まれている方がたくさんいますぐすん

 

 

それでなんとかお腹を戻したいと腹筋運動(例えば仰向けから上体を起こすような)をされる方が多いのですが

↓こういうやつ腹筋

 

一番表面の腹筋(腹直筋)を鍛える

腹筋運動というのは実は出産を経験された方はむしろしない方がいいんですあせる(妊娠後期まで経験された方も含む)

 

 

なぜかというと、「腹直筋離開」(ふくちょくきんりかい)

が起きていると、一般的な腹筋運動で悪化しちゃう可能性があるからですゲッソリ

 

で、そのふくちょくきんりかい・・・て何ぞや?

という方が多いかと思いますが、簡単に言っちゃえば

腹筋が真ん中で左右に離れちゃった状態。

 

 

↓これが普通の状態の腹直筋

 

↓矢印の方向に腹筋が開いちゃってる状態が離開。

 

こちらのサイトでより詳しく載っています。

https://matome.naver.jp/odai/2144913556009717601

 

この原因が、妊娠や出産。

でも離開自体は妊娠でお腹を大きくするために

9割がた起きるそう。

 

それが産後にちゃんと戻る方とそうでない方がいて

程度は個人差がありますが、うちに来られている患者さんでも

指2本分の幅の溝が腹筋の真ん中に起きている方が意外と多いんですあせる

 

 

ということは意外とメジャーな症状?

でも日本ではこれを産院で検査されることはほとんどないそう。

なぜなのかは分からないショック

 

以前ドバイで出産されたという方が一時帰国中に当院に来られましたが、ドバイではこれを産院でちゃんと検査してくれたそうです。

 

 

フランスや一部ヨーロッパでも産後にリハビリをしてくれるので

こういったこともちゃんと検査されるみたいです。

 

 

ほんとになぜ?日本ではしないのか謎ではありますが

いずれにせよ、産後ちゃんと戻ってない方はそのまま自然に戻ることは少なそう。

 

 

以前60代の患者さんをチェックさせていただいたら真ん中パックリと離開が起きてました筋肉あせる

 

 

で、これが起きると何が良くないのか・・・

出産を経験しただけでも腹筋がまともに使えなくなるのにそれがさらに使えなくなるわけですビックリマークゲッソリ

 

 

当然 腰痛の一因にもなるし

体型の崩れにもつながるでしょうゲッソリ

 

 

でもご安心あれ。

これは回復できるものです。

 

あまりにひどくて白線ヘルニア(真ん中から腸などが出てきてしまいこの場合かなりお腹が突出する)が起きてたりすると下手したら手術という場合もあるみたいですが、大抵のものは自力でグッ

 

 

当院ではチェックと改善法もお教えしています。

 

ここでは言わんのかいムキーッと言われてしまいそうですが笑い泣き

 

 

活字や口で説明するのは簡単ですが

実際やってみると感覚がとても大事でなんとなくでやってもあまり効果的ではないのでやはり直接お教えしたい笑い泣き

 

 

と、いうわけで産後太り解消のために

適当に腹筋運動はしない方が良いですよ1

毎月第2金曜・第4月曜は午後お休みとなります。

毎月第2金曜・第4月曜の午後は

誠に勝手ながらお休み とさせていただきます。

予めご了承ください。

10月の定休日以外のお休み

10月の定休日以外のお休み

18木・19金は誠に申し訳ございませんが、お休みとさせていただけます。